So-net無料ブログ作成
検索選択

元モ―娘。安倍なつみがアイドルの域を超えて活躍する理由 [芸能・エンタメ]

スポンサーリンク




わしじゃ・・・
佐久爺じゃ

台風の影響なのか、昨日今日と
涼しくすごし易い都内なんじゃが

全国的に、あちこちで起きている
自然災害にはほとほと困ったものじゃ
被害にあわれた方のご冥福を・・・


さてさて
ここ二、三日ブログが更新出来ず
爺のプロフィールから直メ
更新まだかぁ~と催促されて
嬉しい悲鳴の爺でございます^^


嬉しいと言えば
安倍なつみさんの新作アルバムが
10月にリリースされるんじゃ

それもクラッシック・・・
東京フィルハーモニー交響楽団との
共演もあるそうじゃが


モーニング娘。として
デビューして16年
卒業してから10年

娘。時代、常に人気を保ち続け
卒業後もなっちであり続けた

それでいて、新境地も切り開いてきた
なっちこと、安倍なつみの新作とは

何故?クラッシックなのか

調べてみたんじゃが・・・




モ―娘。卒業後ソロデビューして以来
多くのミュージカル舞台に出演して


その歌唱力に磨きをかけながら
クラシカルな発声の歌唱法も習得

アイドルとしてのポップな歌唱法と
違う唄い方を身につけたようじゃな


今回のクラシカルな
新たなコンセプトのアルバムを
リリースするきっかけになったのは


昨年11月に
本田美奈子のメモリアルライブにて

ミュージカルでの曲を歌ったんじゃが
偶然、そこへ来場しておった
レコード会社のクラシック部門の
プロデューサーの目に留まったらしい

それがきっかけで
今回のアルバム制作に至ったみたいじゃ


なっち自身が
心から共感し愛する名曲の数々

NHKドラマ坂の上の雲テーマ曲
スタンド アローン

イギリス民謡
グリーンスリーヴス

レ・ミゼラブルの
夢やぶれて
オン・マイ・オウン

などなど
彼女のクリスタルな歌声
表現力で歌いあげてるらしい


そもそも
そのきっかけになったであろう
ミュージカルはどれじゃろう?


なっちの舞台は
どれも評判がよく好評なんじゃが
その中でも

2011年夏宝塚の元トップスター
和央ようかが挑戦し大盛況だった
ミュージカル「ドラキュラ」

なっちルーシー役で出演し
その熱演が好評だったんじゃよ

宝塚史上トップレベルと言われる程
高い支持があり再演を期待する声も大きく
前回終了時には舞台の高評から
すでに再演の話しが出てたらしいんじゃ

そして2013年8月23日より
東京国際フォーラム・ホールで
2年ぶりに再演され


和央ようかが主演、そして相手役には
前回は別役だった安倍なつみ抜擢
今回はヒロインミーナ役じゃ

前回と今回の両方を観られた方が
ブログで感想を書かれていたのを
拾ってみたんじゃが

「安倍さんは登場した瞬間から完璧に
ミーナでした。身にまとう空気が
完全にルーシーとは別人。これは凄い」

「ルーシーの時にも思ったのですが
安倍さんは小柄で清楚な印象を持ちつつ
ちゃんと「女」を演じてくれるのが良いですね」

安倍さんのミーナは本当に素晴らしかった
ありがとうございます。再演でやっと私にも
この物語の「伝えたかったこと」が
見えた気がしました


などなど
爺の目じりが下がるほどの絶賛

しかし
いつから、なっちは歌唱力
向上させていったんじゃろう

やはり
人は努力し続けなければいかんのぉ
爺も・・・


10月22日リリースするアルバム
『光へ-Classical & Crossover-』


その中でミュージカル
ライトクラシックの名曲を歌い上げ
クラシカルクロスオーヴァーの世界に挑む


なっちのコメントも掲載されておった


ミュージカルや舞台の経験を通じながら
生のオーケストラに合わせて歌うことの
難しさや面白さ、その凄みや魅力を
いままで体感してきました。

メロディーに言葉や感情を乗せて
表現する上でとても大切なことを
その経験の中で学ばせて頂くのと同時に
アンサンブルで創り上げる世界が
更に好きになりました。

ソロ活動を開始して10年が経ち
新しい挑戦をしたいと思っていたところ
今回のオファーをいただきました。

はじめは驚きと感動で大変でした。
未だに夢の様な状況に震える瞬間も

今回、新しいスタッフや
素晴らしい演奏家の皆さんと創り上げた
新たな安倍なつみの世界をお楽しみに



『光へ-Classical & Crossover-』
通常盤初回限定盤の2種類が
同時発売される予定なんじゃが


初回盤に同封される特典DVDには
レコーディング時のオフショットや
東京フィルハーモニー交響楽団と共演した
「夢やぶれて」の映像なども収録され
かなり楽しめるようじゃな

今回のなっちの新しいジャンルへの
チャレンジを紹介する
『光へ-Classical & Crossover-』
制作ドキュメント映像が、YouTubeに
アップされたようじゃ

なっちのアルバムへの思いや
歌唱シーンが収められているので
ファンの方はぜひチェックを!

と、言われんでも
チェックしとるじゃろうな(笑)


『光へ-Classical & Crossover-』特設サイ
http://columbia.jp/abenatsumi/

制作ドキュメント映像はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=fs7Sh6w8Brk



補足


アルバム『光へ-Classical & Crossover-』

2014年10月22日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
COZQ-974~5/¥3,500+税

【通常盤】(CDのみ)
COCQ-85097/¥2,800+税

<収録曲>
01.Stand Alone
02.ローズ
03.夢やぶれて
04.カーネーション
05.サリー・ガーデン~風と少女~
06.グリーンスリーヴス~永遠~
07.私だけに
08.オン・マイ・オウン
09.この祈り~ザ・プレイヤー~with 望月哲也
10.夢はひそかに
11.光へ
12.白のワルツ(BONUS TRACK for CHRISTMAS)



スポンサーリンク



タグ:安倍なつみ
nice!(322)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 322

コメント 4

TaekoLovesParis

なっち情報、久しぶりにききました。
活躍は、うれしいですね。
by TaekoLovesParis (2014-08-28 01:01) 

kaz

さく爺さん こんにちわ^^
もしかして爺とは正に名ばかりで ホントは2、30代?

記事対象が若い^^
by kaz (2014-08-28 10:59) 

lamer

さく爺さん お若いです〜〜〜♫
by lamer (2014-08-29 01:00) 

エコピーマン

ご訪問&ナイスありがとうございます...(´ー`)b
by エコピーマン (2014-08-30 22:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。